アメリカン・エキスプレス・プラチナ・メタルカードが到着!

2018年10月15日から受け付け開始しておりましたアメリカン・エキスプレス・プラチナ・メタルカードが10月31日に届きました。

メタルカードの申請を行ったのが24日で、コンシェルジュには「到着まで約2週間ほどお待ちください」との回答をいただいておりましたが実質1週間というスピード到着となりました。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・メタルカードはこのような箱に入って届きます。

他の情報では速達で送られてきた方もいたようですが、私の場合、簡易書留でした。

一目でメタルカードが届いたとわかるくらい厚く、ずっしり重かったです。

中を開けると更に蓋のある箱が出てきました。

蓋を開けるとメタルカードがでてきました。とても高級感がありいいですね^^

カードの下は開けられるようになってり、中には以下の書類が入っておりました。

  • 挨拶状
  • セカンド・プラチナ・カード申込書
  • カード利用の手引き
  • ベネフィットガイド
  • 規約

アメリカンエキスプレス・プラチナ・メタルカードレビュー

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの材質はプラスチック製からステンレス製と変わり、プラスチック的な光沢から金属製の自然な艶となりました。

券面をよく見ると、とても細かい模様が入っており、非常に精巧に作られているのがわかります。さすが日本製です。

カード番号が裏に移動したことで、表はとてもシンプルになりました。

文字はレーザー刻印されており、凹んだ溝内はブラウン系の着色が施されておりますが、角度によってはブラックに見えたりもします。これが何とも不思議です。

ロゴ自体も黒になり、エンボス処理のお陰で角度によって立体的に見えます。

ICカード

プラスチックカードではICチップがゴールドっぽい色合いでしたがシルバー色となり、光沢もあります。

裏面も抜かりなし!

表面同様、裏面にも細かな模様が施されております。

プラチナカードに相応しく、丁寧、そして精巧です。

カード番号やCIDは、おそらくレーザー刻印かと思いますが、表とは逆に文字が盛り上がっています。

もしかするとインプリンター(通称ガッチャン)に対応するための配慮でしょうか?

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード新・旧の重さを比較してみました。

皆さんのよく知っているプラスチックカードは約5gでした。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・メタルカードの重さは18gあり、通常のクレジットカードの3倍以上という結果となりました。

重さの感覚としては、プラスチックカード+115円でちょうど同じ重さになります。

こんな感じですかねww

かなりずっしりときますので大抵の人は驚かれると思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で