集めたポイントを効率的にマイルに集約するために必要なものとは?

ポイントルートを極めないと高マイルでの還元は維持できない

後々貯めたポイントをマイルに集約させる作業が必要となりますが、これからお知らせするポイント移行ルートを知らないと、移行する過程でポイント換金率が悪くなってしまう問題に直面します。

実は、これらの問題を解決するには、複数のポイントサイトを経由することが必要となり、このことをポイントルートと呼んでいます。

ポイントルートについて

集まったポイントを効率的にマイルに変換するルートは大きく分けて2種類あります。

一つは「Tポイントルート」と、もう一つは「クレジットカードルート」です。

ポイントルート早見表

どちらのルートを選んでもかまいませんが、クレジットカードルートは東京メトロの「メトロポイント」ルートや三井住友Visaカードの「WorldPresentポイント」ルートを通過する必要があるためクレジットカード(年会費)が必要となります。

対するTポイントルートは全て無料で利用できますが、マイル交換時に貯めたポイントが50%に落ちます。

また、ポイントを現金にすることも可能ですが、なるべくであればマイルにした方が得です。

貯めたポイントをマイルにした方がお得な理由

最終目標はクレジットカードルートを目標とする

対するクレジットルートは還元率が81%となり、Tポイントルートに比べかなり高還元率となります。

ですので最終目標はクレジットカードルートを利用し、特にソラチカカードはなにが何でも必ず取得してください。

年会費こそ毎年(1枚当たり2000円)かかりますが81%の高還元率で一瞬で年会費はチャラになります。

ポイント

ソラチカカードと三井住友カードはポイントサイト経由で作るとお得!

クレジットカード申請はポイントサイトから行うと一気にポイントが貯まります。そのため、まずはポイントサイトの登録をお勧めいたします。

まとめ

マイル考慮に必要な準備をまとめると以下のような作業が必要になります。

  1. ポイントサイトの利用登録を行う。
  2. ポイントサイト経由でクレジットカードを申請する。
  3. ポイントサイト案件を消費する
  4. ポイントルートを使い、ポイントを移行した後、ANAマイルにする

ポイントサイト&クレジットカード登録リンク

注意

ポイントサイトとクレジットカードを入手する際は必ず以下のリンクを踏んでからご登録することをお勧めします。何故なら、次に続くポイントを永続的に増やす方法に繋げるためです。

ポイントサイト登録

マイル攻略で必須のクレジットカード