アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードをメインカードとして利用しないのに持ち続ける理由

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは素晴らしいクレジットカードではあるが…

アメリカン・エキスプレスのプロパーカードの中では2番目に年会費が高いのがプラチナカードです。

年会費は驚異の13万円(税込み140,400円)とかなりの高額となりますが、サービスに至ってはずば抜けており、24時間365日対応のプラチナコンシェルジュデスクの利用や、4つのホテル上級会員資格、高級レストランでの食事代金一人分無料の特典、自動付帯のアメックスならではの使える保険など、使いこなすことができればとても素晴らしいクレジットカードと言えます。

しかしながらこのように優秀なプラチナ・カードですら、ポイントが大量に貯まるにつれて不満とも言える欠点が見え隠れするようになってきます。

今回はこれらの欠点を改善するための対策を立ててみました。

使ってわかる!アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの欠点とは?

1、ANAマイル年間移行上限が40,000マイル

2019年1月1日から、アメリカン・エキスプレスのメンバーシップ・リワード・ポイントのANAマイレージへの移行上限が年間で80,000ポイント(マイル)から年間で40,000ポイント(マイル)に変更になりました。

年間40,000ANAマイルしか移行できないのは正直不安材料です。

ダイナースクラブも同様な改悪が発表されたことからANAからの圧力があったものと予想されます。
しかしながら、グリーンやゴールドカードと同様の上限になるのは正直納得できない部分です。

2、JALマイルに移行できない

旅行の行先によってはJALのマイルの方が少ないマイルで旅行できる場合があります。
以前、ドバイへのマイル数を調べたところ、ANAとJALでは10万マイルの差があるものもありました。
航空会社によって強い国、弱い国が出てくるのは仕方ないことなので、JALだけに限らず、航空会社のマイル移行先は多いに越したことはありません。

3、ホテルポイントへの移行はポイントの価値が3/1以下に下がる

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは貯めたメンバーシップ・リワード・ポイントを2つのホテルポイントへ移行することができます。しかしながら、3/1以下にポイントの価値が下がることとなります。

SPGポイントの移行を例にすると、メンバーシップ・リワード・ポイント1,000ポイントに対し、ホテルポイントへ移行後は990ポイントとなり、一見それほどポイントの価値は下がっていないように見えますが、実は違います。

メンバーシップ・リワード・ポイントは100円=1ポイントですが、ホテルポイントは100円=3ポイントが本来の価値です。
したがって1,000ポイントが等価になるためには3,000ポイントが必要となります。

これはホテルの宿泊ポイントを同時に貯める人にとっては致命的な問題となります。

SPG・アメリカン・エキスプレス・カードはプラチナカードの欠点を補うことができる

2018年後半、これらの欠点が全て解決できるSPG・アメリカン・エキスプレス・カードにメインカードを変更しました。

変更理由は以下をご確認ください。

理由1ANAマイル年間移行上限が無制限

プラチナカードでは年間移行上限が40,000ポイント(マイル)でしたが、SPGカードでは無制限で移行が可能です。

仮に100万ポイントを保有しているのであれば、100万ポイントを一度にマイルにすることもできます。

更にSPGカードの素晴らしいところは、60,000ポイント移行毎に15,000ポイント(5,000マイル分)をボーナスマイルとして常に加算してくれるので実質100円=1.25マイルの高還元率カードとなります。

理由2マイル移行先が40社以上に増え、JALマイルにも交換可

マイル移行先は、JAL(日本航空)やANA(全日空)含む40社以上のマイルと交換可能となり、クレジットカードでは最多となります。殆どが1:1の等価で交換できます。

豆知識JALマイル、ANAマイルを等価で振り分けられるクレジットカードは、世界中探してもSPG・アメリカン・エキスプレス・カードただ一つです。
マイレージプログラム移行比率(スターポイント対マイル)
エーゲ航空1対1
アエロメヒコクラブプレミア1対1
アエロプラン/エアカナダ航空1対1
エアベルリン1対1
中国国際航空コンパニオン1対1
ニュージーランド航空エアポインツ65対1
アラスカ航空マイレージプラン1対1
アリタリア航空ミッレミリア1対1
ANAマイレージクラブ(全日空)1対1
アメリカン航空アドバンテージ1対1
エアアジアマイル1対1
アシアナ航空1対1
ブリティッシュエアウェイズ・エグゼクティブクラブ1対1
中国東方航空1対1
中国南方航空スカイパールクラブ1対1
デルタ航空スカイマイル1対1
エミレーツスカイワーズ1対1
エティハド航空1対1
フライングブルー1対1
Golスマイル2対1
海南航空1対1
ハワイアン航空1対1
日本航空(JAL)マイレージバンク1対1
ジェットエアウェイズ1対1
大韓航空1対1
ラタム航空ラタムパス1対1.5
アヴィアンカ航空のLifeMiles®(ライフマイル)1対1
マイルズ&モア1対1
カタール航空1対1
サウジアラビア航空1対1
シンガポール航空クリスフライヤー1対1
タイ国際航空ロイヤルオーキッドプラス1対1
ユナイテッド航空マイレージプラス2対1
ヴァージンアトランティック航空フライングクラブ1対1
ヴァージンオーストラリア1対1

理由3ホテルのポイントも等価交換で価値が変わらない

メンバーシップリワード(プラス)ポイントをマリオットポイントに移行する際、ポイントの価値が3/1以下になってしまいますが、SPGカードで貯めたポイントはマイルもホテルも等価交換ができます。

マイルもホテルポイントも等価なんて、世界中探してもSPGカードしか存在しません。旅行好きにとって嬉しい限りです。

ここまで凄ければアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは必要ないのでは?

確かにこれだけ素晴らしい特典があるのならプラチナカードは必要ないのでは?と言われてもおかしくありません。

確かに普段使いでは全くと言っていいほど欠点のないアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードですが、SPGにも実は一つだけ欠点があるためそれを補うにはプラチナカードの存在は必要不可欠となります。

その欠点とは、SPGカードはSPGカードしか紹介できない決まりがあるということです。

これの何が不憫なのかというと、SPG以外のカードが紹介できないということは、本来なら紹介でもらえるポイントがもらえなくなる可能性が生まれるということになります。

承知の通り、SPGカードは年会費31,000円なので、年会費が高いと思われる方もいるかと思います。
年会費の一番安いANAアメックスなら入会するかもしれませんし、年会費が初年度無料のゴールドカードなら、入会するかもしれません。それらの選択肢が全て絶たれてしまうということになります。

プラチナカードは一部のカードを除き、ほとんどのクレジットカードが紹介が可能

対する、アメックスプラチナカードは、センチュリオンカードを除くほとんどのカードが紹介できることから、紹介の引き出しが増え、なおかつ、紹介ポイントをくまなく獲得する確率が大幅に増えます。

このことからプラチナカードを紹介するためには、プラチナカードを所有することが必須となります。
※知り合いにアメックスの担当者がいる場合は紹介できます。

参考までに私は2018年の6月からプラチナホルダーとなり、毎月1~3人を紹介しておりますが、7割以上の方がプラチナカードを希望しております。

プラチナカードは1紹介あたり30,000ポイントが紹介ポイントとして入ってくるので、あっという間にポイント(マイル)が貯まります。

最終的に紹介ポイントは全て、SPGに集約することでいつでも無駄なくホテルポイントやマイルに変更することができるようになるということです。

まとめ

私ががアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードを持ち続ける理由の結論としては、

  • 付帯サービスがどのカードよりも素晴らしい
  • SPGカード以外の紹介ポイントもくまなく欲しいから

これに尽きます。

 

クレジットカードは、自分のスタイルにあったものを持つのが一番ですのでこれらのお話は今後の参考にでもしていただければ幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で