ファンくるの外食モニターでポイントゲット!

「たまには外食で美味しいものを食べたいけど、やっぱりお金がかかるのを考えると気が引ける…」

あなたはそんなお悩みをお持ちではありませんか?

外食は自炊する手間もかからず、普段家では作らないような手間暇がかかった凝った料理を堪能出来るというのがメリットですが、やはりお金がかかってしまうのを考えると「やっぱりやめようかな…」と思ってしまうことも多いですよね。

しかしそんな悩みを解決し、気軽に外食を楽しめるのが「ファンくる」です。

今回はそんなファンくるの魅力をご紹介していきます。

ミステリーショッパーファンくるとは?

ファンくるは株式会社ROI(アールオーアイ)が運営するサイトで、飲食店や商品などを実際に利用した際に、その感想などを報告することでその時の利用料金の何割かを還元してもらえるという、いわゆる覆面調査のお仕事のポータルサイトです。

覆面調査・ミステリーショッパーとは

一般消費者を装って店舗を利用し、接客態度や店内環境をを評価するという調査方法のこと。もしくは、同調査において評価を実施する調査員(覆面調査員)のこと。

ミステリーショッパー調査は他の一般客に紛れて店を利用し、その利用体験を通じて評価を行う。店舗側は誰がいつミステリーショッパーとして訪れるのかを事前に把握できないため、取り繕われていない普段の(実態としての)接客やサービスの質を評価対象とすることができる。

利用方法は簡単で

  1. ファンくるに登録
  2. 自分の住んでいる地域の近くの店舗の調査案件に応募
  3. 当選したら決められた事項を守って調査を開始
  4. 簡単なアンケートに答えることでRポイントをゲット!

という流れです。

※Rポイントというのはファンくる内で現金に変換することが出来るポイントで、10ポイントで1円というレートで換金出来ます。

その他にも、RポイントはAmazonギフト券やPeX、PointExchangeなどにも変換可能です。

また、ファンくるの特徴は

  • 当選か落選かが応募してすぐに分かる
  • 全国規模で調査案件のスタッフを募集している

ということ。

応募したのはいいけど、合否が分かるまで何日も待たされる…というのは今後のスケジュールなどを立てにくかったり、落選すいた時の「時間を無駄にしてしまった…」という感覚もあって嫌ですよね。

しかし、ファンくるは応募してすぐに合否が分かるため待つ時間も無く、落選したなら気を取り直してすぐに別の案件に応募することも出来るのでフットワークが軽いのがメリットです。

また、ファンくるでは全国規模で調査案件のスタッフを募集しているので、自分の住んでいる地域に近い案件を探しやすいのも手軽でいいですね!

高額謝礼案件が多数!

さらに、高額謝礼案件が多いというのもファンくるの大きな特徴です。

ファンくるでモニター募集をしている案件の中には、飲食にかかった料金の30%分や50%分、中には100%分のRポイントをバックするという案件もあります。

30%や50%の時点でお店のクーポンなどを利用するのよりも遥かにお得!100%の案件なら実質無料で外食が出来るということになります。

また、案件の中には「上限1000円まで」等、バックする料金の上限が設けられている場合もありますが、上限なしの案件もあります。

そのため、例えば100%バックで上限なしの案件なら、飲食店でガッツリ1万円分飲み食いをしても、正しく案件をこなせばその分の料金が丸々返ってきて、実質無料で豪遊した…ということも可能です。

またその他にも、案件の中には宅配ピザなどの調査案件などもあり、こうした案件はわざわざ飲食店に足を運ばなくてもこなせるというのが魅力です。

節約しながら食事を楽しめるので、ぜひ活用していきたいですね!

食事以外のモニター案件も豊富

ファンくるで募集している案件は、何も飲食店の調査だけではありません。

例えばビューティーモニターでは脱毛、痩身、マッサージ、フェイシャル、ボディケア、メンズ、ヘアサロン、ネイル、整体・ストレッチ、クリニック、ホワイトニングなどのモニター案件などもあります。

その他にも、スキンケア用品や使い捨てコンタクトレンズなどなど、様々な商品を利用してみての感想を報告するという案件もあります。

もしかしたら、あなたが欲しいと思っていた商品を覆面調査のお仕事として安く手に入れることが出来るかもしれませんね!

簡単なアンケートなどのお仕事をこなすだけで、飲食店や商品を格安で利用することが出来るファンくる。

節約生活の強い味方となってくれるので、ぜひ活用していきたいですね!

ファンくるへの登録や年会費などは無料なので、あなたも早速登録してみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で